未分類

コピー機【家庭用・ランキング・耐用年数・リース・購入・どちらが得・価格・でスキャンしてパソコンに取り込む】

コピー機【家庭用・ランキング・耐用年数・リース・購入・どちらが得・価格・でスキャンしてパソコンに取り込む】

コピー機はオフィスだけでなく、ご家庭にもあると便利です。

 

家で仕事するシーンも多いでしょう。

 

とりわけ2020年は、コロナの影響でテレワークが定着化した企業も多かったはずです。

リモートワークをする会社員だけでなく、個人的にもコピーが使いたい時がありますね。

 

コンビニでもコピーができますが、家庭用のコピーを導入しておけばコンビニは不要です。

 

家の中でいつでも必要な時にコピーできるでしょう。

スキャン機能までついていれば、コピー機でスキャンしてパソコンに取り込むことができます。

pdf文書の編集や作成もサクサクできるわけですね。

 

 

ここでは、家庭用のコピーで何がおすすめなのか、ランキングも含めご紹介していきます!

おすすめのコピー機や価格相場を知りたいあなたは、ぜひ参考にしてみてください。

 

家庭用コピー機のランキング

 

 

3位:キャノンのピクサスTS5330

 

プリンターのメーカーとしても知られるキャノンで出している家庭用プリンターです。

最安値は9800円。

 

パソコンからだけでなく、スマートフォンからも印刷できるのが手軽です。

コピー機の機能を持ちながら、スキャナーとしても使えます。

 

2位:エプソンの「カラリオEW-052A」

 

最も安い価格だと、6800円とリーズナブルです。

 

コンパクトでスッキリしたボディで、シンプルな操作で使えるプリンターです。

 

無線LANにも対応し、ご家庭内でも場所を選びません。

 

エプソンiprintというアプリを入れておけば、スマートフォンやタブレットからも

写真データなど印刷できます。

 

1位:エプソンのA3カラーインクジェット複合機

 

パソコンが不要なのが強いです。

プロ並みの本格的な写真の作成もできるでしょう。

 

鮮明な風景を印刷することもできれば、モノクロにも対応しています。

 

低下価格で購入できるのも人気の秘密です。

 

アマゾンで購入すれば、36838円です。

 

コピー機の耐用年数はどれくらい?

 

多くのコピー機の耐用年数は、5年間です。

 

買い替えるなら5年を目途にご検討するといいですね。

 

どうして5年が目安かというと、コピー機の使える寿命を、印刷枚数やコピー数を基準にしているからです。

 

一つのコピー機で印刷できる枚数は、300万枚が限度だといわれています。

このような枚数を印刷するのには、代替5年ほどかかるのではという推測で、5年としています。

 

どれくらいの頻度でコピー機を使うか、枚数によってもこの年数は変動してくるでしょう。

コピー機に使われているゴムなどの部品は、年数がたてば劣化しやすくなります。

 

丁寧に使っていれば、5年という耐用年数を超えて使うことも可能です。

 

コピー機のリースに対応!ACN

 

https://www.office-copy.com/?gclid=Cj0KCQjw-af6BRC5ARIsAALPIlVY64PZwASHXsknP6xap69gUsu4zKP2BjcbEval4j1ARIX3q8kB8P8aAuboEALw_wcB

 

ACNでは、コピー機をリースしたい方におすすめの会社です。

 

初期費用は無料で、リース価格は4300円です。

 

とても手ごろだと思いませんか?

ご相談は見積もりも無料です。

 

リーズナブルな価格でリースをご利用なら、ぜひACNをご検討してはいかがでしょう。

 

家庭用コピー機とネット印刷はどちらがお得?

 

家庭用のコピー機は、本体だけでなくインクジェットが必要です。

 

インクメーカーによって価格は違いますが、一つ約4500円と考えると、一枚約12円のコストがかかる計算です。

 

ネット印刷は大量に印刷するほど安くなります。一枚当たり2.9円~なので、どちらが安いかといわれればネット印刷ですね。

-未分類

Copyright© 疑問解決マラソン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.