未分類

住宅金融支援機構【とは・ホームページ・金利・シミュレーション・年収・特約火災保険・団信・抵当権抹消】

住宅金融支援機構【とは・ホームページ・金利・シミュレーション・年収・特約火災保険・団信・抵当権抹消】

住宅金融支援機構とおは、住宅金融公庫の業務を引き継いだ独立行政法人です。

 

2007年4月に始まりました。

 

所轄の庁は国土交通省と財務省です。

 

住宅金融支援機構は多様な金融サービスを通じて、住民の生活の向上に貢献しています。

 

民間の金融機関と協力し、全期間の固定金利の住宅ローンフラット35を提供しています。

省エネ住宅など、良質物件の普及を目指しています。

 

 

住宅金融支援機構の公式ホームページ

 

https://www.jhf.go.jp/

 

住宅金融支援機構の金利水準は?

 

住宅金融支援機構の金利情報は、下記からわかります。

 

https://www.simulation.jhf.go.jp/flat35/kinri/index.php/rates/top

 

住宅金融支援機構のシミュレーション

 

住宅ローンのシミュレーションは、簡単にできます。

 

https://www.flat35.com/simulation/sim1.html

上記はクイックシミュレーションなので、10分もあれば住宅ローンのシミュレーションができるでしょう。

 

借入金額から毎月の返済額がわかります。

 

毎月の返済額から、無理なく返済できる金額がわかります。

現在の年収から借入可能な金額がわかります。

 

現在の年収から住宅金融支援機構をシミュレーション

 

https://www.flat35.com/simulation/simu_03_2.html

 

 

上記のサイトに年収を入れれば、融資金利が何%になるか計算できます。

 

住宅金融支援機構の特約火災保険は?

 

住宅金融支援機構特約火災保険とは何かご存知ですか?

 

住宅金融支援機構特約火災保険は、住宅金融支援機構の融資を利用する人が加入できる、火災保険です。

 

住宅金融支援機構の融資を受けていなければ、特約火災保険には入れません。

 

住宅金融支援機構の融資の手続きをする時、建物などに対しての火災保険に加入することになります。

 

返済が完了するまでは、引き続き保険契約を続けることになります。

 

機構団信特約制度とは

 

機構団信特約制度は、加入者がもし死亡または深刻な障害を負った場合などに、残りの住宅ローンが消滅する保障システムです。

 

残りのローンは全額弁済されます。

 

加入年齢は満15歳以上で満70歳未満が条件です。

 

 

「デュエット」(夫婦連生団信)のプランを選べば、連帯責任者である夫婦二人で加入できます。

 

特約料は、一人加入の約1.5倍以上になるため気を付けましょう。

 

抵当権抹消の手続きとは

 

融資金を全部返済すれば、取り扱い金融業者からお客さんに、契約書と機構の抵当権抹消に必要な書類が送られます。

 

融資住宅や敷地に設定された機構の抵当権抹消には、登記申請書とその書類が必要です。

 

登記申請書類の様式はこちらです

 

http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/minji79.html

 

 

抵当権抹消の手続きは、登録司法書士に委任も可能です。

 

移転手続きにかかる費用は、機構で負担してくれるでしょう。

 

抵当権抹消手続きについての費用は、基本的にお客さんの負担です。

 

終わりに

 

住宅金融支援の返済中の型は、マイノートで借入金額の照会や、一部繰り上げ返済の申し込みなどができます。

 

繰り上げ返済の場合、融資金の一部あるいは全部を繰り上げて返済できます。

 

機構団信特約料シミュレーションも使えるので、ぜひ利用してくださいね。

 

https://www.simulation.jhf.go.jp/simulation_danshin/index.php

-未分類

Copyright© 疑問解決マラソン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.