未分類

p検 タイピング(練習・日本語・無料・3級・基準・レベル・ベネッセ)

p検 タイピング(練習・日本語・無料・3級・基準・レベル・ベネッセ)

ITを利用した問題解決力が、あなたにはどれくらいあるのか
テストするためにp検があります。

級は1級から5級まであります。

p検では、タイピングの練習が無料でできるサイトも公開しています。

 

https://www.pken.com/tool/typing.html

 

タイピングは、ictを活用していく上でベースとなる能力です。

 

タイピングが苦手なまま、ictを応用していくのは不便でしょう。

 

タイピングに慣れ親しめないと、これからの将来も不安です。

 

タイピングは速く正確にできるに越したことはありません。

そのほうがこなせる作業の量もアップします。

 

タイピングの練習を重ね、ブラインドタッチを習得できるといいでしょう。

 

また、話す速度にタイピングが追い付くのも理想的です。

 

p検の級によっては、タイピングの技能をテストするものがあります。

 

そのため、p検合格に向けてタイピングの練習をするのもいいでしょう。

 

上のurlリンクから、無料タイピング練習ができます。

 

インターネット版とダウンロード版があります。

 

ダウンロードしてp検タイピングを使ってもいいですし、ダウンロードせずにネットでそのまま開始するのもいいでしょう。

 

p検の合格基準は?

 

 

p検の級によっても、合格の基準は変わってきます。

 

合格基準が知りたい場合は、こちらから確認できます。

 

https://www.pken.com/examination/detail.html

 

ちなみに3級の合格基準は下記となります。

 

https://www.pken.com/examination/pdf/pdf_04.pdf

 

3級にはタイピングのテストが5分間あります。

5分の間でどれだけの文字をミスなく入力できるかを測定します。

 

また、そのほかの実技では表計算やワープロもあります。

 

3級のタイピングテストは、日本語、ローマ字、かな共通で750文字です。

 

p検のタイピングレベルって?

 

p検で問われるタイピングのレベルが気になります。

 

ちなみに4級、3級、準2級ではタイピングのテストがあるので、準備が必要です。

タイピングのレベルは、4級なら100点満点中30点取得すれば合格基準です。

 

3級は40点以上、準2級は50点以上です。

そこまで合格基準は厳しくない印象です。

 

とはいえ、級が進むにつれてタイピングの合格ラインも高くなっていきます。

 

当然ですが、準2級と3級は、4級よりもはるかにレベルが高いです。

 

タイピングの練習は日々の積み重ねです。

 

一日お休みするだけでも、スピードは変わってくるでしょう。

 

それくらい、継続するのは大切なのです。

 

最初は遅くてもOKです。

 

いかに毎日真剣にタイピングの練習に取り組んでいたかが、スキルに関わってきます。

 

p検とベネッセがコラボしてタイピング練習のサイトがある?

 

https://manabi-gakushu.benesse.ne.jp/gakushu/typing/homeposition.html

 

上のページにアクセスすると、p検とベネッセのマナビジョンが

コラボしたタイピング練習の講義が受けられます。

 

最初の講義は「ホームポジション 基本編」です。

 

特に会員登録しなくても、スタートボタンを押せばそのままタイピングができます。

こちらも無料で使えます。

ホームポジションを学ぶことは、タイピング練習の基礎になります。

この部分をスキップしては、本格的なタイピング練習に移るのはまだ早いでしょう。

 

これからの時代p検は役に立つ

 

これからますますIT化は進むでしょう。

AIも浸透してきています。

タイピングの技術だけでなく、ITの知識を幅広く持ち、実務的にも活用できる能力が求められます。

ぜひp検でITの能力を習得しましょう!

-未分類

Copyright© 夢占いマラソン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.