未分類

サイボウズ(テレワーク・ログイン・とは・株価・年収・オフィス・キントーン)

サイボウズ(テレワーク・ログイン・とは・株価・年収・オフィス・キントーン)

サイボウズとは、チーム内でのコミュニケーションをスムーズにするための

グループウェアです。

 

仲間とリモートで仕事をしたい時も、サイボウズがあればコミュニケーションしやすいでしょう。

 

ちなみにサイボウズの本日の株価は、3500でした。

悪くありません。

サイボウズの年収は、約600万のようです。

 

サイボウズオフィスは、テレワークに導入するとおすすめです。

 

離れていても、プロジェクトの進行がスムーズになるはずです。

 

サイボウズと似ているソフトウェアにはキントーンがありますが、キントーンとの違いが今一つわからない人もいるでしょう。

 

キントーンとの違いも明確にしていきます。

 

サイボウズオフィスの特徴

 

国内シェアNo.1になるほど人気になっているサイボウズオフィス。

クラウド型とパッケージ型の2種類あります。

 

どちらも無料トライアル期間があり、良心的です。

サイボウズオフィスがあれば、次のような機能が使えます。

 

  • メール
  • ファイル管理
  • ワークフロー
  • メッセージのやり取り
  • 施設の予約
  • 予定管理
  • アプリをカスタマイズ
  • 掲示板の共有
  • アドレス帳やリストの保管
  • 報告書作成
  • ToDoリストの作成
  • タイムカードの管理

 

サイボウズオフィスは、pcはもちろんですがスマートフォンにも適応しています。

 

スタんダードとプレミアムというコースによって料金が変わってきます。

 

いずれを選んでも初期費用はかかりません。

 

スタンダードを選んだら、1ユーザーあたり500円です。

これがプレミアムコースだと、1ユーザーあたり800円です。

 

サイボウズオフィスの操作は、そこまで難しい仕様になっていません。

 

そのため、サイボウズオフィス未経験の社員でも、慣れるのにそう時間はかからないはずです。

 

シンプルでわかりやすい画面ですし、セキュリティシステムもしっかりしています。

 

サイボウズオフィスは、6万社も導入している例があります。

 

コロナの影響もあり、今後ますますテレワークのニーズが増してくるでしょう。

 

テレワークでも快適に仕事ができるように、サイボウズオフィスを導入する会社はさらに増えていきそうです。

 

 

キントーンの特徴

 

キントーンも、サイボウズで開発し、提供しているサービスです。

だからサイボウズオフィスとの共通点も多いのです。

 

サイボウズに似ているキントーンですが、こちらもクラウド型のグループウェアです。

 

会社の業務に適応したアプリを作り、業務の効率化につなげられます。

 

業務だけでなく、サイボウズのようにコミュニケーションも円滑にいくでしょう。

 

情報共有が素早くできます。

 

キントーンならではの機能を見ていきましょう。

 

  • グラフの作成
  • 一覧ビュー
  • アプリの作成
  • コメント
  • 通知機能
  • 監査ログ
  • ゲストスペース
  • 変更履歴の管理
  • プロセスの管理
  • ユーザー管理

 

キントーンもサイボウズ同様、パソコンでもスマホでも使えます。

 

スマートフォン用のキントーンアプリを使えば、快適に使えるでしょう。

 

サイボウズオフィスとキントーンは何が違うの?

 

キントーンもサイボウズオフィスも、どちらを使ってもいいんじゃない?という

気もしてきます。

 

しかし、キントーンはサイボウズオフィスよりもコミュニケーション機能が

充実しています。

 

例えばコメント機能はキントーンならではの機能です。

 

それぞれのデータに対してコメントをつけることができます。

 

アドバイスを書き込むことができ、効率性がアップするでしょう。

 

サイボウズのログインはどうやるの?

 

https://cybozu.co.jp/customer/howtologin/

 

サイボウズにログインする時は、上記のページにサブドメイン名を入れるとログインできるでしょう。

 

サブドメイン名がわからなければ、管理者に相談しましょう。

-未分類

Copyright© 疑問解決マラソン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.