未分類

cubepdf【ダウンロード・page・危険・使い方・無料・utility・印刷できない・パスワード設定・評判】

cubepdf【ダウンロード・page・危険・使い方・無料・utility・印刷できない・パスワード設定・評判】

cubepdfとは何かご存知でしょうか?

要するに、pdf用のソフトなんです。

 

cubepdfを開発したのは、大阪府に本社がある株式会社キューブ・ソフトです。

 

cubepdfのユーザーからは、「便利すぎる!」と評判ですが、本当にcubepdfは便利なのでしょうか。

 

ここでは、cubepdfは具体的にどのような目的や用途で使うのか、その使い方や性質についてご紹介していきます。

 

cubepdfの真の評価が知りたいあなたも、ぜひ最後までチェックしてくださいね!

 

cubepdfは迅速にpdf形式に変換できるソフト

 

pdfでの編集作業が多い方に、cubepdfはおすすめです。

 

あなたが常用しているアプリから、必要な時にいつでも素早くpdf形式に変換できるのが、

cubepdfです。

 

cubepdfを簡単にいえば、とても便利なpdf作成用のソフトなんです。

 

印刷と同様に、シンプルな操作でサっと使用できます。

データの書き出しもできて、初めてでも直感的に操作がしやすいです。

 

cubepdfは購入型のソフトではありません。有料ではなく、ダウンロードして無料で使えるソフトです。

 

今すぐにでもダウンロードして、cubepdfが使えるでしょう。

 

cubepdfのダウンロードはこちらから

 

cubepdfを無料でダウンロードするなら、こちらがおすすめです。

 

https://www.cube-soft.jp/cubepdf/?lang=ja

 

これまでのダウンロードは、累計1300万件を突破しています。

pdf変換する時の、定番のフリーソフトとして評判です。

 

cubepdf utilityをダウンロードする時

 

 

窓の杜から、cubepdf utilityをダウンロードできます。

 

pdfのpage編集や、セキュリティ設定ができるフリーソフトです。

 

https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/cubepdf_ut/

 

cubepdfの脆弱性は大丈夫?危険はないの?

 

cubepdfは無料でダウンロードできるといっても、何か危険はないのか慎重派な方もいるでしょう。

 

確かに、cubepdfは脆弱性が公になっており、心配する声もあります。

cubepdfは、いってみれば仮想プリンターとして起動するpdf作成ソフトです。

 

印刷する際に、cubepdfを選んで印刷すれば、pdfファイルができます。

 

簡単な操作でpdf化できるため人気なわけですが、悪意のあるファイルが読み込まれると

任意のコマンドが実行されてしまい、危険なんです。

 

こうしたことからも、メーカー側はウイルス対策としてすでに修正版を出しています。

 

その修正版はダウンロード可能です。

 

すでにcubepdfをダウンロードして使っている方は、バージョンをアップデートすることで修正されるでしょう。

 

cubepdfの基本の使い方

 

cubepdfはシンプルに使えるといっても、初めて使うならその使い方に戸惑うでしょう。

簡単に説明すると、使い方は次のようになります。

 

  1. pdf化したい内容を、グーグルクロムなどのブラウザで開く
  2. 「印刷」を選択
  3. プリンター一覧の中からcubepdfを選択
  4. 実行
  5. cubepdfのメイン画面が表示される
  6. 必要な設定をする
  7. 変換ボタンをクリック

 

これでpdfに変換できました。

 

cubepdfならパスワード設定ができる

 

 

cubepdfをダウンロードすれば、パスワード設定ができます。

 

パスワードを作りたいpdfファイルを、アドベリーダーで開きます。

 

開いたらファイル→印刷の順番で押していきます。この操作で印刷しようとしているのではありません。

 

  1. プリンターの項目を「cubepdf」に設定する
  2. 右下の「印刷」を選ぶ

 

 

cubepdfが立ち上がるため、ファイルを「上書き」にします。

 

パスワード設定された状態で、上書き保存されるでしょう。

 

cubepdfで印刷できない!

 

正常に印刷できない場合は、pdfファイルをいったんパソコンに保存してから印刷すると、うまくいくことがあります。

 

あるいは、インターネットエクスプローラーや、アドベリーダーの設定を変更するといいでしょう。

-未分類

Copyright© 疑問解決マラソン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.