未分類

レターパック 追跡(番号・入力画面・お問い合わせ番号・日数・できない・いつまで・シール剥がし忘れ)

レターパック 追跡(番号・入力画面・お問い合わせ番号・日数・できない・いつまで・シール剥がし忘れ)

レターパックといえば、日本郵便のサービスです。

 

あなたがもしレターパックを相手に送ったら、配送状況を日本郵便の公式サイトから調べられます。

 

日本郵便には追跡調査の機能があるからです。

 

日本郵便の公式ホームページのリンク

 

https://www.post.japanpost.jp/index.html

 

レターパックの追跡がしたい時

 

https://trackings.post.japanpost.jp/services/srv/search/

 

 

レターパックの追跡は、上記のurlリンクにアクセスするとできます。

 

一つしか送っていない場合は「個別番号検索」の赤いボタンを選びましょう。

 

もしも何件かレターパックを送っているなら、「連続番号検索」をクリックし、番号を入力すれば一気に追跡できます。

 

複数のレターパックを送った時も、一括で追跡調査ができるので効率的です。

 

追跡調査の番号入力画面では、お問い合わせ番号を入れていきます。

 

ちなみに追跡ができるのは、レターパックを送ってから100日間までの間です。

 

レターパックの追跡ができない時

 

レターパックの追跡をしたいのに、追跡ができないトラブルの例があります。

 

対処法は二つあります。

 

もしあなたがレターパックを発送したその日に追跡調査をする場合、情報がまだ反映されていない可能性があります。

 

発送したばかりだからです。

 

最新情報が反映されるまで、少し時間を置いてから追跡調査したほうがいいかもしれません。

 

発送した翌日以降であれば、すでにもう最新情報が反映されるため、待ち時間なく追跡できるでしょう。

 

もし翌日以降に追跡をしているにも関わらず追跡できない場合、お問い合わせ番号が誤っている可能性が考えられます。

 

伝票や控えなどをもう一度確認し、お問い合わせ番号が間違っていないかチェックしましょう。

 

もし番号が不明な場合は、郵便局に相談してみてください。

 

また、レターパックに似たものにスマートレターという荷物の種類があります。

スマートレターの場合は追跡自体ができないので気を付けましょうね。

 

レターパックであれば、プラスでもライトでも追跡が可能です。

 

シール剥がし忘れにご注意を

レターパックを送る前には、依頼主用の保管シールを剥がしておきます。

 

しかし、シール剥がし忘れて送ってしまうケースもあるんです。

そうすると何が困るかというと、レターパックの差出人は、追跡する時の番号がわからなくなります。

お届け日数を調べたい時

 

レターパックを送る時、どのくらいの日数で相手に届くかも知っておきたくないですか?

 

日本郵便では、日数の目安も案内しています。

 

https://www.post.japanpost.jp/smt-deli/

 

上のリンクにアクセスしたら、お届け先のあなたが送ったところの郵便番号と、相手先の郵便番号を入れましょう。

 

そうすると、どのくらいの日数でレターパックが届くか目安がわかります。

 

早く届けたい時などに日数がわかると、安心しますね。

 

レターパックの受け取りてが不在だった場合いつまで保管できる?

 

レターパックプラスで送った場合、配達員は直接届けることになります。

受取人の郵便受けに入れておくだけではいけないのです。

 

レターパックライトであれば郵便受けに入れていいのですが、レターパックプラスは対面で渡すことも可能なんです。

 

もし対面で渡す予定だったのに受取人が不在だった時、郵便局で一時的にレターパックを預かることになります。

 

いつまで保管してくれているかというと、1週間です。

もし1週間たっても受取人が連絡しない場合、差出人のもとにレターパックが返送されます。

-未分類

Copyright© 夢占いマラソン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.